自分の能力を最大限に生かすスカウトとは

転職を考えた時、転職活動をする方法はたくさんあります。自分に合った転職活動の方法を選ぶ必要がありますが、一般的に普通なら職業安定所やインターネット上の求人情報、転職支援サイトの利用、もっと身近な所だとそれぞれの店頭に貼られている求人のビラや知り合いの紹介といったものがあります。

しかし、あまり身近ではない例としてヘッドハンティングによるスカウトがあります。これは通常の会社勤めの人には縁のない話になってきますが、優秀な人材を自社に引き抜く行為であり、その為には企業のそれなりに権限を持っている人達の目に留まる必要があります。

普通の会社に勤めている一介の従業員の場合は人目に付きませんから、その様な人に意識されることもありません。しかし、何かしら優れた技術や特別な知識、才能を持っている場合、必ずどこかでそういった上層部の人の耳に入るような成果を出すことになります。新しい技術の開発や他の人には出来ない特別な仕事などをしていると、その人達の依頼を受けてヘッドハンティングの人がスカウトをしてきます。

今勤めている企業より高い給料で休みも多い、特別なボーナスも出すしそれなりの役職を用意する、といった破格の待遇をしてくれることも多いです。転職をするなら、そういった人達の目に留まるような成果を出し、ヘッドハンティングにスカウトされるような人材を目指すのもいいかもしれません。

スカウトが多いSE・プログラマーの転職

SE・プログラマー、WEBデザインのお仕事は、クリエイティブな感性と、プロフェッショナルな知識がともに求められます。ITやWEBの技術は日進月歩で、常に新しい知識やテクニックを磨かないと、同じ業務で満足していては、先端技術に取り残されてしまいます。

テクノロジーの世界のことを、人間の寿命に比べて進み方が早い、犬の人生に例えてドッグイヤーということがあります。IT系のお仕事はまさにドッグイヤーで、一つの仕事をしていても、脛に変化をしているのならいいですが、定形的なデザインや更新ばかりをしていると、ガラパゴス化してしまいます。

技術と知識を磨いて、プロフェッショナルとして働いていくには、転職は遅すぎないようにしましょう。業務上知り得た、守秘義務の対象となる秘密は転職後に役立てることはできませんが、ITやWEBの、自分のものにした技術や知識は今後のキャリアアップに役立ちます。

一方で、定形的なWEBの更新やメンテナンスばかりをしていると、外界から隔絶しているがゆえに特異な生態系が残ったガラパゴス諸島のように、転職を使用としても自分の技術や知識が、流行や先端技術とかけ離れてしまうことがあります。

実際に転職をするしないにかかわらず、日々の業務の下で、定形的な日常業務だけにとらわれないで、自分を磨いておくことが大切です。